LET'S DANCE!「ビートファイターAce」

秋田の誇るダンシングヒーロー「ビートファイターAce」、 歌って踊って戦うアイドル「ビートガールズ」、 高速で進化し続ける中学生ヒーロー「ビートファイターJack」、 なぜか憎めない敵役集団「アメダ会」 を勝手に応援する一応公式無責任ブログ。

カテゴリ: その他

「芸術の秋」なのか、なんなのか・・・定期的に訪れるわたしの造形したくなる病・・・(「絵っこ描ぎ」だから・・・)。
いろいろ描いてみたい題材はありながら、今回は”ビートファイターAce 激アツモード”を色紙に描いてみました。
イメージ 1
感じとしては”アメコミ風”に表現してみたかったのですが、まだよくコツがつかめず・・・。
(たぶん線の強弱とか、陰影を強めに表現するんだろうけど・・・)
※最近アイアンマンとかアヴェンジャーズを観てすぐに影響を受ける単純さな・・・。

色紙に描いてみたのは1番くじとかで色紙に描いてるのがかっこいいな~と思ったから。
次の創作はあるのかは未定・・・。
<娘なんかはわたしが絵を描いてるの珍しいらしく、色塗りの間中眺めてましたが>

明日はエリアなかいちで「響灯小町祭」(http://www.kyotokomachi.net/)というイベントがあるみたいで、最近はいたるところでこのポスター見かけます。
イメージ 1
んでひさしぶりにAceもこのイベントの中で登場。

17時〜、20時30分〜
17:00~ 展示ホール
20:30~21:00 多目的ホール
 
夕方5時からはいいとして、夜の8時半からは観られないかな~(´;ω;`)

イメージ 1
もったいなさから今まで封を開けてもいませんでしたが、ようやく聴いてみました。Track.01がオープニングナレーションでショーで聴き慣れたナレーションが流れ、気分はAceショーが始まる時みたい。
Track.02はいつもの「LET'S DANCE☆BEAT FIGHTER Ace!」、アメダ会に勝利後のダンスでおなじみ。
Track.03はカラオケバージョン。なかなか歌詞を覚えきれていないので、これで歌うことはできませんでしたが、ショーの前にも流れているカラオケバージョンもなんとなく耳に馴染みのある感じ。
Track.04の「KADOTCHオリジナルインストロメンタル」はやっぱなんか新鮮というか、これだけ聴くとACEでつかいそうなユーロビートの楽曲とは少しイメージが異なるのかも。これがカドッチさん本来の作風なんでしょうねー。
Track.05の「超ショートバージョン」はついこの間の障害者スポーツ大会や昨年お秋田きらり支援学校親子レクリエーションで使われていたバージョンかな?
 
歌詞の方もじっくり見てみると、そこにはカドッチさんの思いがやはり盛り込まれているように思います。わたしなりに受け取ると
「特別ななにかをもっていなくても、勇気と優しさと人間らしさがあれば誰でもヒーローになれる。」、
発せられているメッセージはそういうことなんじゃないかな?
 
さらに極端に考えると、ビートファイターシステムを身につけていなくても、豪○変身していなくても、人間として大事なものを持っていればヒーローというか、慕われる人にはなれる、そんな風に感じましたが、(あっているかな?ちょっと違うかな?)
 
 
 
んで(だいぶ個人的な話だし、長文だから読まなきゃ読まなくてもいいです)・・・
 
「レッツダンス☆ビートファイターAce」には本多さんという編曲者が存在するのですが、歌詞を見て聞いて思いついたのが、本多さんかなー、自分の中でのヒーロー的存在は・・・。(ACEメンバーじゃなくて申し訳ないのですが・・・)
 
今は秋田のJ3チーム・ブラウブリッツ秋田で音響、広報、地域貢献などを担当されていますが、以前は秋田のご当地ヒーローの音響を担当されていて、表立ってヒーローをするわけではないけど、音響として団体を支え、観に来てくれるお客さんのことをいつも気遣い、声をかけてくださり、お客さんが楽しむためになにをすべきか常に考えている、その考え方は一番ヒーロー的な方なんじゃないかなーと思っていました。
 
2年前に秋田きらり支援学校にそのご当地ヒーローが来た時にも、訪問に向けてずっとご尽力してくれたし、実際に来てくれた時も必殺技のシーンを追加してくれたりしました。(交通安全教室で普段は入ってないけど、なかなか観る機会もないかもというご配慮で)
 イメージ 2
また忘れられない言葉として(確かきらりでのその交通安全の時だったと記憶してますが)、うちの息子に対し「わたしの友達のひろくん」と言ってくれて、(障がいのある息子に)そんな言葉を本心から言ってくれる人って(どんなヒーローにも)いなかったし、本当に嬉しかったことを覚えています。
 
そんなこんなで本多さんは生身でも、闘わなくても、わたしにとってはヒーロー。
(今回の楽曲の歌詞にあるヒーロー像にあてはまる気がするし)
 
「レッツダンス☆ビートファイターAce」の編曲だって本人超多忙なのに快く協力してくれたらしいですしねー。以前の仲間であるりっちーのために一肌でもふた肌でも脱いでくれる男気も、器のでかさも惚れ惚れします(≧∇≦)b
 
 
 
ということで・・・わたしにとって偉大なふたりによる作品「レッツダンス☆ビートファイターAce」、今回に限ってはCDジャケットにサインをもらうならカドッチさんと本田さんの二人ににいれて欲しいかもな~。

このブログのタイトルにもさせていただいている、ビートファイターAceのテーマ曲「LET'S DANCE☆BEAT FIGHTER Ace」のCDがAceショーやAceのイベントで販売開始されました。
 
販売については曲が初めて発表された2013年のACE performing night Vol.3でも作詞作曲者のカドッチさんが「いつか販売できたらなー」と話していらっしゃいましたが、ついに実現したわけですね。
 
ジャケットもカドッチさんのデザイン。
さすがはスーパーマルチクリエイター!
かっちょいい~!!(((o(*゚▽゚*)o)))
イメージ 1
 
歌詞カードとCDレーベル
イメージ 2
 
イメージ 4
Track.01 オープニングナレーション
Track.02 LET'S DANCE☆BEAT FIGHTER Ace!
Track.03 カラオケバージョン
Track.04 KADOTCHオリジナルインストロメンタル
Track.05 超ショートバージョン
 
イメージ 3
カドッチさんから購入者へのメッセージもありますが、これは購入されてからじっくり見てください。(画像では見えにくいと思いますので)カドッチさんの楽曲制作への思いと音響のプロフェッショナル・本多哲さんによる協力についても触れられています。
 
販売価格は600円とおてごろ!
Aceファンはじぇんこ持ってAceショーの物販へGO!

イメージ 1
 
まだ紹介したいショーとか、記事とかあるけどちょっと息抜き・・・(´Д`;)
 
というか「ただのガムシロ」。
 
 
(修正版↓)
イメージ 2

このページのトップヘ