LET'S DANCE!「ビートファイターAce」

秋田の誇るダンシングヒーロー「ビートファイターAce」、 高速で進化し続ける高校生ヒーロー「ビートファイターJack」、 疫病と戦うJKヒロイン「疫病退散!アマビエール」、 秋田市を愛するロボ「Akita City侍 ちあき丸」 なぜか憎めない敵役集団「アメダ会」 を勝手に応援する一応公式無責任ブログ。

秋田の誇るダンシングヒーロー「ビートファイターAce」、 高速で進化し続ける高校生ヒーロー「ビートファイターJack」、 疫病と戦うJKヒロイン「疫病退散!アマビエール」、 秋田市を愛するロボ「Akita City侍 ちあき丸」 なぜか憎めない敵役集団「アメダ会」 を勝手に応援する一応公式無責任ブログ。

先月下旬に秋田高専の高専祭内で行われたAceショー( ´∀`)
お隣にあった体育館で後夜祭(?)が行われていたため、そちらにお客さんを取られてもったいない感じがありましたが、いつも見に行っている方としてはピンスポなんかも使っていていい雰囲気のショーでした。
 
こんな感じの雰囲気
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いろいろな意味で危険な新型の敵
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こけたままのAce
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ビートガールズ
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「なんでかにゃ~」
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ぐるぐるにゃんにゃん
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
かなり型のいい綺麗なキック
イメージ 9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10イメージ 11
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
後ろのオタ芸がきになって仕方なかった・・・。
イメージ 12
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
写真撮影会
イメージ 3イメージ 4

イメージ 1
ショーの主人公・ビートファイターAceのオリカを製作しました。
カードデザインを今風に整え、キャラらしさが出るようなポーズなどを考慮して
全キャラ制作を目指してみます。

自分が初めてビートファイターAceのショーを見たのは昨年2012.06.16、アマノ御所野店でのショー( ´∀`)
 
でもその日がAceデビューではなく、その前にAceナイトなるイベントがその年の4月(3月?)にあったらしいのですが、夜のクラブでのイベントだったのでこの時は自分参加せず・・・(^_^;) (クラブに行ったこともなく、そこに子供連れていくのもはばかられたので・・・(。-_-。))
 
ただ一般向けのショーデビューはこのアマノでのイベントだったんじゃないかな?
(ちがったかな?)
 
ということでまずは応援のつもりで行ってみたわけですが、あいにくの雨・・・ヽ(;▽;)ノ
 
また最初のショーということでまだお客さんもまばらだったことを思い出しますが、
某ローカルヒーローファンの仲間がやはり見に来ていました(´∀`)
 
 
このときの研究員は”にゃおちゃん”と”もふちゃん”(・∀・)
イメージ 1
 
振り返ってみると服装的にも雰囲気的にもだいぶ現在と違う・・・(^_^;)
(写真はビートファイターAceについて紹介している場面だったかな?)
 
んでこの時のストーリーはAceのストーリーの序盤の序盤といった感じで
(今もショーの最初はこの部分のショートver.使ってますが)
謎のロボ戦闘員、ビリーとビリ子にビートファイター研究所の3人が襲われて
Aceがビートファイターシステムの力を発動させて戦闘員を撃退するといった内容。
イメージ 4 
 
イメージ 5
 
はじめは普通の青年で、むしろ喧嘩の経験もなくマジ弱いんですが、
勇気を出して襲いかかる敵に立ち向かって強くてかっこいいヒーローに
なるというのが「ビートファイターAce」の柱の部分の設定みたいです。
イメージ 6
(初めての必殺技だったかな?※後のディスコファイヤー)
 
そしてちょっと型破りなところが
イメージ 2
マスクととって顔出ししちゃうところ(゚o゚;;
ビートファイターシステムj装着者のりっちー、
目立ちたがりやだから顔出しするという理由もありながら
これによってAceへの親近感もわくのだと思います。
 
あとは殺陣にダンスの音楽や要素が組み込まれていたり、
敵を撃退したあとに敵も味方も入り混じってダンスをしてみたり・・・(^v^)
 
イメージ 7
(これはパラパラ踊っているところ)
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
イメージ 10 
Aceとビリ子
イメージ 3
元々はダンスパフォーマンスユニットACEがヒーローショーの要素を取り入れてはじめた
ビートファイターAceショー( ´∀`)
 
それだけに見ている観客を楽しませたいという精神に溢れており、
それゆえに観ていて楽しめたという満足感があります( ´ ▽ ` )ノ

このページのトップヘ